Love, Sweets & Yoga

アラフィフ一般女性の日記です。ヨガはやってません。

通院の記録

なんか更年期っぽい?症状が出てるので病院に行ったところ、どっちかというと時間をかけて徐々に女性ホルモンが減っていくソフトランディング型なので楽なほうだと言われた。どうやら、うちの母も閉経早めだったらしいし、この間、更年期っぽいって言ったら「更年期とか世間で言うそんなもんは気のせい」ぐらい雑なこと言ってたぐらいなので無症状だったものと思われる。どうやら、私も、そういうタイプの体質みたいでラッキーなのかなんなのか。ちなみに、うちの母は他人の痛みが絶対的に理解できないタイプだと思っている。そういう人はいる。まあ、母のアラフィフ時代って、ちょうど父が亡くなった時期とかバブルとかが重なって変なテンションになってはいたので、どっちが原因だったのか傍目にはわからなかったかも知れないけど。

まあ、生理も軽くつわりも軽く、婦人科系については得な体質だとは思うものの、それ以外の分野では、だいたいいつも調子が悪い。それは子どものころからで、言ってみりゃデフォルトが体調不良。いつでもここが痛いあそこがだるい、環境が悪いと喘息が出るし、しょっちゅう謎のケガとか謎のできもので受診してると思う。病院の診察券だけはいっぱい持ってる。あと良性の腫瘍が3箇所と不整脈があって、健康診断は毎回それでひっかかる。そのわりには大病しないんだけど。

ところで、中年とか老人が「XX女子」とか言うのは許せるけど、更年期のことを「オトナ思春期」っていうのだけは、どうも馴染めない。さすがにオブラートかぶせすぎではないのか。

うちのオタサーを紹介します

https://www.instagram.com/p/Be1a6GahGgw/
うちのぬいぐるみは全体的にオタクっぽいです。こう並べると中堅大学のオタサーみたいですね。
左から 

ペイズリーくん 
民族衣装とか着るタイプのオタク。サブカル寄りでエモいマンガが好き。アニメは見るけど声優より制作スタッフに興味がある派。同期のオッくんは面倒だけど嫌いじゃない。

わんこ氏 
ライブイベントが好きな声優オタク。自分では厄介ではないと思ってますがわりと厄介。3ヶ月に1度嫁が変わり、なにかとよく泣く。

しろくま氏 
温厚であまりめんどくさいことはいわないタイプのオタク。イベントレポが丁寧でブログの読者数は多め。ガルパンはむちゃくちゃ見に行ったけど何回見たとか言わない派。わんこ氏とは仲良しの同期。マフラーは妹にもらった。

オッくん 
偏差値高い高校でオタコンテンツにハマった結果受験に失敗したオタク。オタ知識なら誰にも負けないつもりだけど先輩のしろくま氏よりフォロワーが少ないのがコンプレックス。大学デビューしようとファッションの勉強したけど今ひとつもっさりしている。彼女ほしい。

https://www.instagram.com/p/Be1bV7VB57k/
これはオタサーのOB、べーやん先輩です。

後輩から見ると温厚で面倒見がよい先輩。現役時代はけっこう面倒なタイプだったけど社会人になってから少し丸くなったとのこと。学校の近くの会社に就職して学生時代の部屋にそのまま住んでますが、シェアメイトが引っ越したので割と部屋は広い。そして荷物が多くて引っ越しできないタイプのオタク。

ちなみに後日紹介しますが、オタサーには姫もいます。ペイズリーくんの高校の同級生(メディア研究部という名のオタクサブカルサークルでした)で、お金持ちのお嬢様です。高校卒業後は名門の女子大に進学しましたがオタクっぽい話ができる友達がいないのでペイズリーくんに頼んでサークルに入れてもらいました。みんな面白い人ばっかりで楽しいらしいよ!

週末日記

金曜日

いつも、誰やかし会社で飲んでるけど今日は誰も飲んでなかったので家で飲もうと思って帰ってきた。
急にすき焼きが食べたくなって、西友にいったら良い感じの国産和牛があったので二人で600gぐらい購入。さらにアンガスビーフのカルビも安売りになってたので同じぐらい購入。レジに並ぼうとしたら恵方巻が安くなってたのでつい買ってしまった。大きい。

家に帰ったら、娘がオタクお絵かき活動に勤しんでいたので、なんとなく恵方巻きをスライスしてわけて食べつつビールとか缶チューハイなどを飲む。なんとなく体調が優れないのでチャットが盛り上がらない。

土曜日

昨日食べそびれたすき焼き肉をやっつけた。だいたい200gぐらい食べた段階で限界がやってきたので思ったより限界早かった。和牛、脂が多めなのですぐお腹いっぱいになる。

夕方から美容室にいって髪染めて前髪作ってもらった。担当の美容師さんがちょっと学習してくれて良い感じに巻いてもらえた。(前まで妙にくるんくるんになってた)ちょっとかわいい。よき。

日曜日

瀬戸内寂聴さんと、その秘書さんのサイン会にいってきた。すごい人だった。先生、すっかり腰曲がって小さくなられているけども、声にハリがあってむっちゃ元気そうだった。

週末にこの本読んでて、40歳から「すてきな70歳を目指す」という時間軸が提示されててなるほどと思ったけども、瀬戸内先生はさらに70代で荒れ果てた天台寺の住職になられて、20年かけて見事に再興されたんだよなあ。

40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために

40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために

思えば、自分がインターネットの仕事始めてだいたい20年ぐらいになるけど、90まで生きたら同じような歩みが2回できると考えると、全然折り返し地点じゃないなって思う。健康に気をつけたい。

松浦弥太郎さんの本、わりと好きでたまに読むのだけど、なんか陰陽の「陽」のほうだなあと思う。男だなあというか。ミサンドリー入ったフェミの人がいう男っぽさとはまた違う、良き正しき男性という概念。「東男に京女」の東男側だ。私は京女ではないけど西の女だから、わりと「陰」のほうの美意識があり、そちらに馴染みがある。なので自らと対比させて読むことが多い。