Love, Sweets & Yoga

京都在住アラフィフ一般女性の日記です。ヨガはやってません。

年に1度しか走らない路線バス

京都バスには年に1度、春分の日にしか走らない系統がある。大原から江文峠経由で鞍馬に抜ける95系統というやつ。大原も鞍馬も京都洛北の観光地であるし、直行できる便は便利ではあるけど、道中の道があまり良くないとかいろいろあって年に1度だけになったらしい。年に1度だけ残す理由は「免許維持路線」で検索するとだいたいわかると思う。

ちょうど近所でもあるし、洛北方面に行くのはわりと好きなので乗りに行ってみた。

95系統はちょっと小ぶりなバスで運行されており、それ用のバスを大原まで運ぶために、高野の車庫から大原まで向かう便がこれまた年に1度運行されることになってる。今回、そこから乗ることにした。朝10時15分発なんだけど、10時前の時点ですでにかなりの行列ができている。だいたい見れば「同業者」であることがわかる。マニアの行列ってなんで見るだけでわかるんだろう。

高野車庫、ちょうど10時14分に大原行きの普通の定期バス(これは1時間にだいたい2便ある)が来るんだけど、待ってる客の目的地は大原であるにもかかわらず誰一人乗らず車内はガラガラ、とにかく全員その後のバスに乗り込むのが面白い。


同じ大原行きだけど、こっちのバスは少しルートが違う。道中「野村別れ」のバス停から、通常の路線は直進するところ「野村」経由でちょっと遠回りする。
http://www.kyotobus.jp/route/timetable/pdf/takanosyako_ohara.pdf
↑これがその時刻表。「大原札の辻」から「寂光院道」は他の系統のバスは通らない。

もともと「江文峠」近辺のバス停は95系統しか停まらず、年に1度しかバスが来ないバス停として有名だったんだけど、大原から貴船口まで向かう55系統というバスが毎日走る定期便として新設されたので、江文峠あたりのバス停にも定期バスが通るようになった。しかし「大原札の辻」から「寂光院道」は、この、系統の名前もついてない「高野車庫→大原」便だけが停まるバス停なので、正真正銘年に1度しかバスが来ないということになる。

ちなみに、年に1度だけ走る高野車庫→大原便はもう1つあり、そちらは高野車庫から一旦北大路通に出て白川通を通るルートになる。当初、こっちに乗ろうかと思っていたんだけど朝寝坊したので断念した。

バスは川端通りを北山まで、修学院から白川通に入る。このあたりは母校の近所なのでとても懐かしい。白川通からはどんどん山のほうに向かい、野村別れから野村、大原札の辻に入った途端に車内表示をみんなカメラで撮影しだしたりイベント感が出てきた。

大原につくとすでに相当の行列。1台では乗り切れないというので臨時増発が決まり、私は後のほうの便に乗ることにした。雨だし混むし、座れなかったらしんどいなあと思ってたけど余裕で座れて助かった。

あとは小さいバスがひたすら山道を走る。この路線は市原から二ノ瀬の集落に抜けるルートを通る。わりとスムーズに鞍馬まで着いた。55系統は定期的に走ってるし、大原の朝市行って、その後貴船までバスで行くのなかなか楽しそう。


鞍馬でちょうどお昼になった。せっかくなのでさらに面白いバスに乗りたい。ここから32系統広河原行に乗るということを思いついた。鞍馬から広河原までは「酷道」として名高い477号線を通る、屈指の狭隘路線。1時間弱ほど自由乗降区間が続き、バスは接近を知らせるためのメロディを鳴らしつつ離合したり切り返したり。そして、終点の広河原には本当に何もない。帰りの便まで数十分の時間を潰せる場所は、たった1軒の喫茶店だけだ。
tabelog.com
店が開いてるなら行ってみようと電話をかけたら、開けるか開けないか微妙、ちょっと約束できないといった返事が帰ってきた。のんびりしている。あいにく天候も悪いし寒いのでちょっと近所を散策といっても無理がある。今回はあきらめて、32系統で街まで戻るという方針にした。

鞍馬から京都の市街地まで帰る方法といえば、普通は叡電だけど、意外にバスも便利で、国際会館前駅までのバスはわりと本数もあるし、そこから地下鉄に乗ればスピーディに帰れる。また、広河原から走ってくる32系統は行き先は出町柳だけど、上賀茂神社から北大路経由なので家に帰るにはむしろ便利。ちなみに私の尺度では時間がかかっても「始発から座って帰れる」=便利ということになっている。上賀茂神社から市バスの46系統に乗ると家のすぐ近くのバス停まで直行する。ただし32系統は1日に3便しかない。次の便は15時台までないので、くらま温泉の日帰りコースでのんびり待つことにして、叡電の駅前から送迎バスに乗り込む。結構待ち時間もあるんだから、いきなり温泉に行く前に鞍馬寺の参拝でもすれば良いようなものだけど、雨で寒かったので温まりたかった。
www.kurama-onsen.co.jp

今回はわりと家族連れっぽいお客さんが多かった。お風呂で終始大声でしゃべりつづけてるマダムがいて閉口したけど、食堂に行くとやはり大声マダムたちのトークが継続していた。「あなたはカメレオンだからこういう性格」みたいな謎の占いの話が繰り広げられており、スマホで調べたらゲッターズ飯田のナントカって占いらしい、おそらく四柱推命ベース。そして彼女たち、もっとずっと年上かと思ったら、自分より5つぐらいしか違わないということがわかり(占いの話は年齢がわかる)なんかしみじみとした気持ちになった。こっちはいい大人がバスに乗って喜んでいるというのに。ちなみに私は「金のカメレオン」タイプで今年から幸運期らしい(結局調べている)

だらだらしていたら帰りのバスの時間になったのでバス停で待つ。
https://www.instagram.com/p/Bglo-pGHs8F/
32系統のバスが近づいてきて「アニー・ローリー」が聞こえてきた。鞍馬から広河原までが自由乗降区間なのでバスの接近を知らせるための音楽を鳴らしている。鞍馬温泉はギリギリその区間だから、なんとなく得した気分になった。

あとは普通に街まで降りて、上賀茂神社の前の神馬堂さんでおみやげにやきもち買って、市バスの46系統に乗って家まで戻ってきた。充実しててよかった。広河原はまた別の機会に絶対行きたい。晴れてたら、散策したり写真撮ったりそれなりに楽しそうだし。

道の駅併設のコテージに行ってきた

金曜日が東京出張だったので、帰りに新潟に寄る予定を立てていたら、前回行った道の駅岩城のキャンプサイトの予約が取れたというのでコテージに泊まってきた。
michinoeki-iwaki.com
ダイニングキッチンと2つのベッドルームがあって冷暖房完備、調理器具完備、テレビも映るし、完全バリアフリー。4人が快適に泊まれる海沿いのコテージが12000円ぐらいで借りられるのすごくないですか? バストイレもきっちり完備。おそらく介助できるようにバスとトイレはセパレートではないですが、フラットなタイル張りですっごく広い。

立地も最高で、日本海を一望できて日没時は神がかった美しさ。道の駅に併設されてる温泉はちょっと濃い目の塩化物泉でとろっとしてて若干ぬるめで癒やし効果がものすごいし、温泉からも夕日が見える。
https://www.instagram.com/p/BgaqplTnANw/

ただ、場所が結構不便。見ての通りで、東京から新潟に行くのと新潟から岩城まで行くのだいたい同じぐらいの距離である。正直、ついでで行ける距離じゃないけど、我々はわりとバカなので軽率に向かってしまう。いいところなんですよ。

羽越線の岩城みなと駅から徒歩五分なので公共交通機関でもたどり着けなくはない。理論的には。

海辺なので夏はバーベキューとか花火とかできるし、なんなら海岸で泳いだりもできそう。なので混む。まあ、これくらいのシーズンだと空いてる。沿岸はもう雪はなくて、風はまだ冷たいけど耐えられない寒さじゃないし、海を眺めながら鍋つついてお酒飲むにはむしろぴったり。なにしろ道の駅が隣にあって、地元の農産物も海産物も売られてるし。

しかし、道の駅に併設されてる温泉で夕陽を眺めてまったりしてたら、道の駅のショップのほうは18時閉店で、買い出ししそびれてしまった。電気が消えたら周囲は真っ暗でほとんど何もない。かろうじてローソンはあるけど、コンビニつまみで一杯というのも流石に味気ないので、そこから15kmぐらい市街に戻って食材買い出しすることになった。もう少し計画的に買い物をしておけばよかった。

いろいろあったけど、人心地ついてきりたんぽ鍋つつきながらお酒飲んでたら、なんか幸せすぎて泣けちゃう感じになった。

ここに限らず、日本海沿いの道の駅は、だいたい食べ物美味しいし、地元の人の作った農作物とか海産物とかが安くで売られてるし、地酒の品揃えも豊富、大規模なとこだと温泉も併設されてたりで、総じて良い。ドライブして道の駅行って帰ってくるだけで充実した休日が過ごせる。というか、ここのところそういうパターンの週末ばっかりな気がするけど、それ以上に求めるものがあんまりない。

つくづく、自分にはこういうのがちょうどいいと思う。たくさんお金を出せば豪華な宿にも泊まれるし、いいお店にも行ける、それはそれで素敵だけれど、軽率なフットワークの軽さを面白がったり、手作りっぽい娯楽を楽しみながら、さらにいい感じに協力しあえる人との関係性は、お金で買うことはできない。「愛はお金で買えない」というといきなり抽象的だけど、なんかそういう感じだと思う。

それに、人間、どんなに贅沢しても、それを受け止める自分の器のほうに限界があると思う。一日に食べられる量は3食におやつ少々、飲めるお酒は四合瓶で一本ぐらい、それで2畳のスペースがあれば2人で眠れる。どんな富豪だって同じ条件を生きていて、本当にささやかなものだと思う。それでも、交通費とか宿泊費とか食材の費用とかクルマの費用とかそういう諸経費はゼロというわけにはいかないのだから、ある程度のお金もないと困る。そこそこ人様のお役に立つような仕事をして身の丈ほどに稼ぎ、そして週末は素朴に遊べる人生でいたい。

翌日は、東由利の道の駅で温泉に入って由利牛とかフランス鴨とか食べたのち、ショッピングセンターで黄桜すいちゃんコーナーを冷やかして帰ってきた。ここらへんはもう何もかもがゆっくりしていて時間が止まったかのような場所。毎度、だいたい2泊3日ぐらいで会ってるけどいつもあっという間に週末が終わってしまう。のんびりした場所ばっかり行くからなおさらそうなのかもね。

ところで、往路に立ち寄った岩船港の食堂のお刺身がすごく美味しかったのでまた行きたい。飲酒運転撲滅のポスターがnegiccoちゃんだった。このちょっと色あせた感じが食堂の雰囲気と合っててよかった。
https://www.instagram.com/p/BgjOaeOHmx-/

雑な居酒屋の昼定食とかにちょっと刺し身が着いてたりするでしょ(マグロとイカ、あるいはハマチなど、いずれにしても両方解凍もの)あれとおんなじ雰囲気でちょこっとフライ定食にお刺身が乗ってるんだけど、そのお刺身が「料亭かよ!」ってクオリティでした。
www.iwafunegyokou.com

全体にリーズナブルなんだけど「〆張鶴 1000円」って食券が売られていて何故かお高い。まあ村上の地酒ということでいいやつなのかな?と想定してたらまさかの四合瓶だった。

週末

金曜

オフィスでお酒飲んで酔っ払ってる時に実家から電話かかってきて、対応してるうちに消耗してその後ちょっと寝落ちしてたらしい。急いで家に帰ったけど精神的にあんまりよろしくない感じになっていた。そういう時に脆弱なの、いい大人なのだからどうにかしたい。

土曜

気を取り直していこうと思う。特に予定がない週末、家でゴロゴロして終わることが多いので、とりあえずどこかに出かけると決める。まず、カラオケにずっと行きたくて体調崩したりで行けなかったので一人で行くことにした。とはいえ、家の隣のビルにカラオケ屋があるので、正直どこかに出かけるというレベルではない。最初、まったく声がでなくて本当におばあちゃんのカラオケみたいな変に震えた歌い方になって焦ったけど 3曲めぐらいから調子出てきた。ちなみに、一人カラオケでは踊りながら熱唱するし採点もする派です。

その後100円ショップ行って園芸資材を買ってきて観葉植物(シェフレラ)の挿し芽をやった。ついでに評判が良いダイソーのモンステラ買ってきて、それも植え替えた。

夜、日本酒1合飲んだけど、なんか気持ちがしゅるんとなってきたので早々に切り上げて寝た。

日曜

桂の9号線沿いにある仁左衛門の湯は、源泉かけ流しの温泉が2種類あって、片方が20度台と冷たく、片方は44度ぐらいなのでマイルドに温冷交互浴ができて良い。交通が不便なのが問題だけども、距離的には8kmぐらい、9号線は歩道が広くて自転車レーンもあるし、自転車で行くにはわりとちょうどいい。

すぐそばに天下一品五条桂店もある。ここの天一は直営店ではないんだけども、正統進化させた天一という感じ。定食はなく、水はセルフ。とにかくスープが濃くて熱いところは本店を上回ってる。天一のスープの熱さって結構重要なんだけど、案外ぬるい店が多い。本店でもタイミングによったらぬるい時あるけど、ここはいつでもちゃんと熱いので最高。

あと、天一のねぎって九条ねぎじゃないと締まらんなあって思う。九条ねぎ、味と香りが強くて、独特の粘りがある、あれが濃いスープにちょうど合う。

温泉入ってラーメン食べるの、自分的に最高コースなので、最高をやることにした。仁左衛門の湯、休みの日の午後はわりと混むけど朝8時からやってるから朝のうちにしゅっと入って昼ごはんにラーメン行っちゃうか、という計画。だけど、起きたらもう9時半ぐらいだったので、もうのんびり行こうという気持ちになり、結果、ラーメン食べてから温泉ということになった。

ラーメン久しぶりなので、麺2/3ぐらい食べた段階でちょっとしんどい感じになった。本店はミニサイズあるけど、あれチェーン店でも展開してもらえると助かる。麺半分、トッピング多め、みたいな方向がいい。

温泉は相変わらず最高で、根強かった左上半身と右下半身の痛みは緩和された。ここはマッサージや整体も良いのだけど、今回はパスして近所のマッサージ屋に行って、わりと回復できてよかった。

夜はそのまま寝ちゃおうと思ったけど、むちゃくちゃてりたまバーガー食べたくなって、マクドナルドで補給した。健康なのか不健康なのかよくわからない。たぶん不健康寄りであると思う。

中央卸売市場らへんにあたらしい花屋さんがオープンしてたので、バラとラナンキュラス買った。それぞれ500円。
https://www.instagram.com/p/BgLzHAenr4H/
https://www.instagram.com/p/BgL0oLYnpX0/
こういう控えめな色味の風情のある花が好きなんだけど、家の近所の花屋さんがそういう路線じゃないので不便。だいたい赤白黄色ピンクのバラにカーネーション、つけあわせにはカスミソウ、添え物のグリーンはホッチキスで止めて整形してあるオーソドックスな昭和ブーケなんだよな。