Love, Sweets & Yoga

京都在住アラフィフ一般女性の日記です。ヨガはやってません。

あすけんダイエットがよくできてる

www.asken.jp

最近、体調と精神状態がすごく良いのでこれは良いものではないかと思っている。私には珍しくアプリ主体で使ってる。

これもNoom同様に食事の記録をして目標の達成状況をトラックするアプリではあるけれども、単なるカロリー制限ではなく、栄養バランスを意識させられる仕組みになっているのが良い。

私は朝はちゃんと食べる派(300kcalぐらい)だし、昼はまかないを腹八分目程度(600kcalぐらい)食べている。健康と言える範囲だと思う。しかしNoomではカロリー上限が1200kcalぐらいに表示されるので、毎日のように夕方になると「今日残り300kcalって何食べたらいいんだ!」となっていた。追い詰められた気持ちで「許容されるカロリーで満足度がもっとも高そうなもの…」と考えた結果、デブ脳がチョイスするのはから揚げや肉まんであるし、正直、しょぼい食事を食べるぐらいならシュークリーム食べたい。

それだと、カロリーは帳尻があっていても、明らかに脂質は過剰であり、なにより精神的にとてもよくない。毎日アプリを見るのがストレスになっていた、というのはすでに書いた通り。

一方、あすけんはあらかじめ毎日目標とされる運動量が決まっていて、それが上乗せされたカロリーが上限として表示され、だいたい夕食の時点でも残り500kcalぐらいは許容されている。まず、これは本当に大きい。これならまだまともな食事ができる。さらに200kcalぐらいバッファがあるので、許容される上限なら最大700kcal。これなら外食もある程度OK。

そして、私の場合、メリットはそれだけではなかった。

あすけんダイエットは、カロリーだけではなく各栄養素も集計されていて1日の栄養所要量に対する過不足もチェックできる。有料オプションになるけれど、各食事単位でアドバイスももらえる。だから「朝昼さっぱりだったから夜はちょっとこってりでも大丈夫」とか「タンパク質がっつりとったから夜は野菜中心ね」とか、食べるべき食材の指針をもって夕食を迎えることができるのだ。「晩ごはん何にしよう?」という問題に対して制約条件が加わる分、解が出しやすくなった。

そして、最終的に1日が終わるとその日の健康スコアが出る。そうなるとバランスの取れた食事をしてハイスコアを取りたくなる。昼食が終わった段階で、現在の栄養状態を見て、そこから食材を考えて夕食の献立を組み、サプリで調整したりしながら攻略するのがとても楽しい。これまで、食事には気を使ってるつもりだったわりに、自分に今足りない栄養素って観点は持たずに暮らしてきたので、はじめて「サプリは食べ物なんだ!」と実感できた。変なものを食べて点数が下がるのは嫌なので、お腹が空いても我慢できる。

これ、育成ゲームにおけるパラメータ調整が大好きな人にはたまらないと思う。ゲームで言えば、もっと似てるのがあった。コストが設定された状態でデッキ組むのと近い。カロリー=コストであり、各食材に設定されたパラメータを制限コスト内で組み合わせて最強の献立を組むという世界観。

また、集計は1日だけでなく1週間、1ヶ月単位でもできる。たまに飲み会で食べすぎても、その期間の平均評価も確認できるのでリカバリー計画が立てやすい。

飲み会で思い出したけど、お酒のカロリー問題というのがある。

私はお酒をたくさん飲むので、普通に集計してたらカロリーが爆発する。日本酒四合瓶一本飲んだら1000kcal超える。でも、それ込みでカロリー調整すると却って健康に悪いと思う。これまでわりとそれで失敗してた。おつまみほとんど食べずにお酒飲んだ後、夜にものすごい飢餓感に襲われて過食してしまうのは、アルコールを分解するために身体が不足している栄養素をもとめて悲鳴を上げているからだという。

正直に飲んだ量をそのまま集計すると、摂取カロリーのほとんどがアルコールという状況になり、おつまみなどで実際に摂取したカロリーを把握する妨げになるので、糖質多めのビールや日本酒を飲んだ時は実際に飲んだ量の半分、ハイボールやカロリーオフのチューハイ類は記録しない方針にした。毎日飲むわけではないし、飲む時は気にせずに飲みたい。

多少チートしてるような気もするけど、自分のためであり、誰かの不利益になるわけではない。Noomみたいに生身のコーチがいると嘘つくのは気が引けたけど、相手はシステムだしね。そういうのもいいとこだと思う。

ちなみに、運動量はFitbitと連携していて、他はだいたい手動記録だけど、さほどストレスにはならない。ただ、食事記録はNoomである程度つけるコツがつかめていたので、どうにかなってる部分はある。習慣付けという意味では高額で人目があるNoomのほうに軍配があがるかも知れない。あすけんが初めてだと挫折してたかもとは思う。

地味に便利なのが、食事の画像から食べたものを自動解析してくれる機能で、精度は低いけども、他の人と食べてる時にスマホを取り出しても「食事記録するダイエットやってて、画像から自動解析できるんですよ」って話題になるのでいくぶん気まずくない。実際に解析してみせると、それなりに盛り上がる。(それは自分の周囲の人たちがそういうトピックに興味があるからではある)

フィードで流れてくるいろんな人のダイエット日記見てると、心配になるようなレベルの食事制限してる人から、相当気を使ってるのが伺える人まで千差万別で面白い。体重も順調に減りだしたので、このまま継続して目標達成したい。