Love, Sweets & Yoga

京都在住アラフィフ一般女性の日記です。ヨガはやってません。

加齢とか秋コスメとか

本屋さんで美ST買ってふむふむと読んだ。美ST、バブル時代に顔でのし上がってきた美人が過去の成功体験をひきずらないようにアップデートかけるような特集が多い。しかし、私の場合、若い頃は石の裏のダンゴムシのような生活を送っていたので、美容に関する成功体験がないし、なんなら今だってコンプレックスまみれだし、ちょっと立ち位置違う。

美ST(ビスト) 2018年 10月号 [雑誌]

美ST(ビスト) 2018年 10月号 [雑誌]

読モの卒業生が出てくる企画を見てたら、だいたいみんな「40代の美魔女時代は力が入りすぎてた、50代の今は自然体」って言ってて、でも、私はこの人たちが40代のころ「20代30代は肩に力入ってた、40代の今だからこそ自分らしく自然体でいられる」とか言ってたのを覚えているぜ。昔、今井美樹が新曲出てインタビュー受けるたびに「しばらく辛かったけど今は楽になった」みたいなことばっかり言ってたのと似ている。

まあ、われわれは少しずつ諦めたり諦められなかったりしながら、前よりは自然体になったような気持ちで加齢していくのである。

さて、月末はデパートもドラッグストアもポイントアップだの優待だのあるので、美容室帰りに気になってた秋コスメをいろいろ買った。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD BR725 3g

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD BR725 3g

マキアージュのアイシャドウ、こういうクリーム系が入ってるタイプはだいたい外れという法則がある(自分内で)。だいたい、アイシャドウって、もともと彫りが深い人向けと、平面的はれまぶた向けって、必要とされる色や質感はぜんぜん違うと思うんだけども、メーカー側はあまり正直に言ってくれない。まぶたにツヤを載せるメイク、明らかに彫りが深いぱっちり目向けなんじゃないかと思うけど、とはいえマットな質感が広いまぶたを覆うと老けるのもわかるので良い感じのものがほしい。

これは、クリーム部分が見た目より透明感ある発色でさりげなく赤みが補われるのと、締め色として綺麗なチャコールブラウンが配置されてるので平たい顔でも大丈夫なのではないかと気になってた。もう少し評判聞いてからにしようかと思ったんだけど、この色だけ限定なので買おうと決めた頃には完売している恐れがあると思い、確保。

実際使ってみたら、あんまりツヤ感も色味も出ない。雰囲気が出るとは思うけど、もう少し寒くなってからのほうが似合いそう。コートとか着る時期向けの色と質感だと思う。

ゲラン ルージュ ジェ

Rouge G de Guerlain - Guerlain
リニューアルしてからケースが選べるようになって、つい欲しくなってしまった。しかし、カラーラインナップ見る限り、似合う色なさそうって思ってだめ元でカウンターに行きだめ元で試した6番のベージュがかった赤み強めのローズが、タッチアップしたらむっちゃ肌色綺麗に見えたので迷わず購入。

海外ブランドって、この手の色を黄みに寄せてイエベ向けに仕上げがちだし、しっかり発色するタイプの口紅だと浮きまくったり逆に血色なくなったりするけど、これは黄みがあんまりない正当なローズベージュだった。良い。

いつもはわりとシアーな口紅を愛用してるけど、こういうきちんと発色しつつ肌なじみの良い色は1本あると本当に便利。塗るだけでまともな社会人っぽい顔になる。まあ、いつもあんまりちゃんと口紅塗らないけど、お出かけがある時や人が来る時はちゃんとキレイめにして損なことはないと思う。自分内ではストレッチ効いた黒ジャケットと同じような立ち位置のアイテム。モードは美人に任せ、おいらは無難にキメる。

ケースはシャンパン色型押しレザーがあしらわれた「Preppy Chic」にした。このケースを開ける時の音、ロールスロイスのドア音を模してるとか言うんだけど、重い割には案外プラスティックな感じで「ほんまかいな?」と。ロールスロイスは乗ったことないしわかんないけど。そして、そもそもロールスロイスって自分でドア開けたり閉めたりする車ではない気もする。

ちなみに私が高級車のドアと似てると思う口紅のケースは、資生堂インターナショナルの「ルージュ・ルージュ」で、あれはマグネットが仕込んであるので、閉めようとするときに途中から自動で閉まってくれるところに高級車みを感じる。あの漆塗りっぽい仕上げもそれらしい。高級車、頑張って閉めなくても半ドアにならないよね。そして、ルージュ・ジェはわりとがんばらないと開閉できない。

ヴィセ リシェ パウダーチップアイカラー セット

これも中年にとっては今井美樹を思い出すアイテム。チップオンデュオじゃん。(高校卒業する時のメイク講習で使われてて買った記憶がある)まあ、ボルドーブラウンの色出しが綺麗だったし、スティック一本持ち歩けばアイメイクできるの便利だと思ったので購入。

「彼女とTip on duo」でググると「Tip on duo」って意味がわかりませんって質問が結構ヒットする。CMソングが商品よりも息が長く生き残ってる事例、面白い。ちなみに当時から意味がわからなかったのは2番の「キャッチホンの間柄」ってフレーズで、普通に解釈すると「元彼元カノでなんとなくセフレっぽくズルズルとつながってるけど、他の相手ができたらそっちを優先するので会わなくなる」みたいな感じかと思うけど、実際には会ってはいないということなので謎。単に「電話ぐらいならつかまる仲」という意味なの?

ジル・スチュアート バースジェムグロス

www.eshop.jillstuart-beauty.com
誕生石の 09 サファイアチャーム、どうせ完売してるだろうと思ってたけど残ってたから思わず買ってしまった。クリアブルーに紫のラメがキラキラしててかわいい… 少し青み足したい時はあるので使えそう。

ところで、土日の間、いろいろ歩き回ったり家事をしたり提督業に復帰したりしつつ、届いた野菜で料理して食べたりお酒は控えたり平常運転にもどしたら、3kg増えたうち2kgは減った。酒池肉林の2-3週間で実質増えたのは1kgぐらいっぽい。助かった。

その他読んだ本

メイク本いろいろ買ってたので読んだ。

大人がきれいに見えるメイク

大人がきれいに見えるメイク

石田ゆり子さんがモデルしてた前作のほうがプロセスが丁寧で参考になったように思う。こちらはあれを踏まえてさらに今風のスパイスを効かせて地味じゃなくアップデートするための本だと思う。スパイス部分については、顔立ちもキャラクターも違えば似合うものも違ってくると思うし、そもそもスパイスをきかせる必要あるのかとも思ったり。この本も「まつ毛上げる教」なので、ひとえ奥二重用のビューラーと出会うまでの私なら読み流してたと思う。でも今は私もまつ毛上げられる人なので、がんばって上げてみようと思った。白目を大事にするメソッド、面白いと思う。