Love, Sweets & Yoga

京都在住アラフィフ一般女性の日記です。ヨガはやってません。

近所の銭湯行ってきた

しばらく温泉行ってないのでなんとなく大きいお風呂とサウナが恋しくなり、とはいえスーパー銭湯や日帰り温泉は混むし気乗りしない、ちょうど近所に古くて小さい銭湯があって気になってたので行ってきた。

番台が脱衣所内にある由緒正しいオールドスタイル、全体的に昭和な雰囲気、かつさほど大きくはない。路地裏でもありさほど良いアクティヴィティもない普通の銭湯だからかお客さんも少ない。自分ひとりだけの銭湯って本当に快適すぎて泣ける。
お客さん少ないのって、お風呂屋さんの経営のことを考えるとよくないけど、利用者としては明らかに空いてるほうがいい。だって、銭湯ってだいたい常連客のオールド・レディが怖いじゃないですか。サウナの主みたいな人がいないタイミングを狙いたい。なんなら番台さんがtwitterやってて「今、誰もいません」とかツイートしてくれたら行くのに。「お風呂空いたよー」的な。

小さいながら全体の浴槽のラインナップも過不足なく(薬湯+ジェットバス/普通のお湯/塩風呂/電気風呂、それとサウナに水風呂)、サウナの温度と水風呂の温度が絶妙ですごく気に入った。サウナにテレビなくて演歌の有線がかかってるのも良い。サウナのテレビはリラックスの妨げになるので断固として拒否したい。(「ゆゆ式」とか見れるなら話はべつだけど、だいたい下世話なバラエティ番組だし)

オールドスタイル銭湯、ドライヤーが貧弱だったりするけど、家から近いし髪の毛乾かさずにすっぴんで帰って来てもさほどの支障はない。マンションのエレベーターで他住民と乗り合わせたらびっくりされる恐れはあるけど、まあそれくらい。これからもリフレッシュしたくなったら行こう。