Love, Sweets & Yoga

京都在住アラフィフ一般女性の日記です。ヨガはやってません。

カジヒデキ・堀江博久のkansai-derbyを見た

ダービーマッチ形式でカジヒデキと堀江博久が対決するという趣向のカフェライブ、京都と神戸であったので両日見に行った。

同じツアーの公演を複数見るの、なんか抵抗があって、こういうのはだいたいどっちか1日だけ行くことに決めてるんだけど、今回、アイカツフェスは2days両方チケット取ってるのに、20年来ファンの2人を間近で見れるイベントを片方だけとか何かおかしくない?って思ったので両方。

でも、行ってみて気付いた。こうやって近場で2度開催あると、両日お客さんがかぶる。で、なんか自分以外が全員友達みたいな感じで、みんな古着っぽいボーダーとか着てベレーかぶっちゃったり黒髪を三つ編みにしちゃったりするタイプの同年代の渋谷系女性で、疎外感あって居心地悪いのよ。かといって友達作りたいわけでもないし。だから、あんまりライブに全通とかしたくなかったのだった。

さて、今回はダービーマッチなのでどちらの応援かでドレスコードがあり、カジサイドはボーダーorブルー、堀江サイドは水玉orオレンジ。私は、堀江サイドなのでピンドットのワンピースとかで。実は、相当に昔から堀江さんのファンなのですが、ミュージシャンとして好きという部分もある以上に、自分内の立ち位置として、なんとなくアイドルっぽい。

そして、年が同じ1970年生まれなのである種のベンチマーク的な感じで見てる部分もあり、キーボーディストとしてのプレイスタイルも自分がやりたいと思ってた方向性にいる人でもあり、たぶんルーツとなる音楽も相当かぶってる。思えば若いころはイケメンでシュッとしてて「王子様」って感じだった。通ってた店にたまに飲みに来てたらしいけど、すれちがいばかりで直接会ったことがなくて、まあ、まぼろしの王子様ですな。今はほぼ総白髪になって、ガタイも良くなって、しゃべりが眠そうで、いい具合に毒の効いた、良い「悪い大人」になったと思います。

そして、この2人のやってる Dots & Borders というユニットがいいんですよ。自分はメールアカウントとか付ける必要ある時、わりと彼らの曲名から取ってる。

TOKYO TAPES

TOKYO TAPES

2人がプロデュースしたヒロミックスのアルバムもよかった。
HIROMIX’99

HIROMIX’99

ライブ見ての感想。

  • これはみんな言うことだけど、カジさんは50歳超えてもズボンが短い。特に京都で着てたのは白い短パンにセーラーカラーの服に水兵帽みたいな帽子で、あれは舞台衣装という感じでもなく、普通にそれ着て出町座で本見たりしてて、さすがだった。
  • 京都の会場だった出町商店街のカフェ SOU / Violet and Claire は店主見たことあると思ったら(一方的に)知ってるミュージシャンの人だった。店が狭かったけど、家でやってる感が面白かった。堀江さん、自分がこの店でやりたいっていった言い出しっぺのくせに「この人数だと絶対元が取れてない」みたいなことをずっと言ってた。確かにキャパ15人ぐらいで一人4000円って考えてもあの2人が2時間60000円でライブするとか破格すぎる。それならチャージ1万円とか2万円とかでもいいんじゃないのかと思うけど。あと開始時間が8時半と遅く、出町は交通の便がよくないんで帰れなくなってそうな人が結構いた。
  • 堀江さんがカジヒデキのベースがすごいということを力説するにあたり、だいたい自分と同じような見解を持ってて「そうだよなそうだよな」って思ったし、実際にベース弾くの見れてよかった。なんか弾いてるうちにどんどんルートから外れていってポジション上がっていって「弾きすぎ!弾きすぎ!」ってなるの、キンクスとかに影響うけてるっていったけど、なんならモーターヘッド的な凶悪さがある。カジヒデキというとネオアコ!さわやか!かわいい!スウェーデン!ってイメージだけど、本来は底に潜むそういう凶悪さがポイントだと思う。(なのでDMCの「甘い恋人」はすごい説得力があった)んで、そういう要素を引き出していく堀江さんのセンスが好きなんだよな。そして、そういうようなことを本人に話せてよかった。
  • ちなみに、カジヒデキのベース、自分内ベストアクトはピチカート・ファイヴのREMIXIES 2000に収録されてる「シェリーにくちづけ」です。

REMIXIES 2000

REMIXIES 2000

  • アーティスト: ピチカート・ファイヴ,小西康陽,ミッシェル・ポルナレフ,岩村学,キュビズモ・グラフィコ・ブラスト・スクワッド,池田正典,コモエスタス,Sunaga texperience,キュビズモ・グラフィコ
  • 出版社/メーカー: ヒートウェーヴ
  • 発売日: 2000/03/18
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

  • カジさんの新譜もこのあいだ出た。堀江さんプロデュースの2曲は、アレンジとバックの演奏をおとぎ話がやってて、すごいドロドロのサイケにしたかったって堀江さんは言うけど、曲が曲なので普通に聞き流すとするっと「かわいいねーポップだねー」って聞けてしまうのがすごい。よく聞くとドロっとしてるのに。

秋のオリーブ

秋のオリーブ

いろいろ濃い2日間だった。堀江さんが「カジヒデキといるとカジ酔いする」って言うけど、まあ、両方とも独特なペースで、見てたら酔いますね。

はー、良いもの見たなー。

http://hidekikaji.net/post/176084473381/tokyo-bay-derby-kansai-derby
hidekikaji.net

アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!! を見た

私は1イベント1公演主義みたいなとこがあるんだけど、今回は特例的に両日見たほうが良さそうなので両日見た。関係ないけど、宿が築地市場から激近だったので、むっちゃ寿司食べた。すしざんまいの塩水うにはおいしい。

https://www.instagram.com/p/BneIUtPBjjN/

アイカツ!シリーズは、現在のシリーズから声優さんが歌唱も担当している。で、これまでの歌唱担当グループのSTAR☆ANIS と AIKATSU☆STARS! は今年の春に卒業ライブを済ませている。そんな中で、半年も経たないのに、しれっとゲストとして歌唱担当が出てくることに対して、どうなのか、みたいな疑問を持つ向きもあったと思う。だけど、フタを開けてみると、声優と歌唱担当の立ち位置がクリアになり、ある意味、歴史的和解?みたいなイベントだった。別に仲が悪いわけではないだろうから、和解という言葉はふさわしくないけど、なるほど、こういう形じゃないとダメだったんだなって納得した。

思えば、少なくともアイカツ!の最初のころは歌唱担当自身のアイドルとしての個人活動と、「うたのおねえさん」としての活動は注意深く切り離されていたと思う。歌唱担当はディアステージ所属の所謂「地下アイドル」であり、そして、2012年当時は今よりもう少し地下アイドルは地下にいた。そこに児童向けコンテンツとしての配慮があったことは推測するけれども、傍目には大人の事情を感じて窮屈に見えたことは否めない。

それがシリーズが「アイカツスターズ!」になったころから、そのへんの制約は少しずつゆるくなり、アイカツ!シリーズに関する事柄が歌唱担当の個人ブログやtwitterで言及されるようになってきたし、担当声優さんと仲良くしている様子も伺えるようにもなったりで、なんかいい感じになってきた。

特に、歌唱担当の藤城リエさんとcvの朝井彩加さんが桜庭ローラを通じて友情を育んでいる様とか、非常に尊いものがある。今回のイベント、朝井さんと、白鳥ひめ役の津田美波さんは、デレステのイベントとかぶって不参加だったんだけど、りえちゃんが最後の挨拶で朝井さんに大声で謝意を述べてたの熱かった。

そういえば、フェス内の設定としては「ひめちゃんとローラちゃんはロンドンにいて参加できない」ということになってた。ということは、北大路さくらもロンドンにいたことになる。群馬県ロンドン市。

まあ、そうやって、内情はわからないけど、少しずつソフトランディングさせていく動きは感じられていた。

2年前の「MONAKAフェス」で、アイマスの我那覇響役として沼倉愛美さんが出演していて、彼女はユリカ様のcvでもあるから、もしかして硝子ドールを歌うような越境があるのか!と期待してた人もいると思う。でも、当時それは叶わなかった。あの時の歌唱担当れみさんの硝子ドールは圧巻だった。今回のフェスで、その沼倉さんの硝子ドールが演じられた。そして、これも圧巻で、まったく優劣は付けられないと思った。

「ちゃんと歌える声優さんが声を当ててるのに、歌唱担当がいる意味って?」ってそんな疑問は意味がなくて、両方の要素があってのユリカ様なんだと思う。れみちゃんもユリカ様だし、ぬーさまもユリカ様なのだ。ラブライブとか2次元アイドルコンテンツで、よく「キャラと演者2人でステージに立つ」っていうけど、このイベントでは「3人でステージに立つ」っていう表現、いろんな人が言ってた。声優さんと歌い手さん、どちらか片方だけで歌う時であっても、常にそこに3人いる、そういう世界観を定着させるイベントだったんだなと思う。

*1

なんか書いてるとキリがなくなってきた。振り返ると、まだまだ見たい聞きたい曲はあったし、お話ももっと聞きたかった。演者の数とか楽曲の数に比して、イベントの尺がみじかすぎたのが唯一の残念ポイントで、後は本当にすばらしい体験だった。あと、今回、cv不参加のアイドルも、ちゃんと開演前とかステージ転換の時の影ナレに出てて、全員いる感出す工夫もありがたかった。らいちの限界オタクっぷりもよかったし、ぽわプリの開演前の諸注意もサービス精神満点で最高だった。

ところで、後から振り返って「ああ、そうか」って思ったポイントとして、出演している声優さんは全員持ちキャラにちなんだ衣装を着てたんだけど、ステージで歌う番がある人はゲームのカード由来の服を着ていて、一方、歌う番がない人はアニメの私服由来の服を着ていたんだよね。(ナオはフォトカツPRのステージ衣装だったと思う。なんかスタッズついたジャケット着てた)

そういうとこが徹底されてて、世界観に対するリスペクトを感じられてよかった。ステージに立って歌うには、ちゃんとカードでお着替えしないといけない。だから、一見カジュアルに見えても、ステージドレスでないとダメなのです。

さらに余談。
今回の物販Tシャツ、白地にパステルカラーで各シリーズのモチーフがちらしてあってすごく可愛いけど、デザイン的にむちゃくちゃ女児肌着っぽい。なので部屋着にしてアイカツ!シリーズを見ると女児気分になれて楽しいです。私はあかりジェネレーションverを買いました。服部観光の旗もちゃんとあった!

まあ、そういう感じで、アイカツ!シリーズはこれからも前に進んでいくぞというのが伝わるイベントであり、いろんな足かせみたいなものが取れたような感覚もあり、いろんな種類の感動で気持ちがいっぱいになった。フレンズ、楽曲の雰囲気がちょっと違っててあんまり見れてなかったけど、ライブで見るとキャストが「オーディションで抜擢された新人+キャリア長めの若手」ってユニットになってて、新人が場慣れしてなくてアワアワしてるのを上手い相方がぴしっとフォローしてるのが「ああ…尊い……」ってなって、本編よりアニメっぽい仕上がりだったし、ちゃんと見ようと思った。(隣の席のお姉さんも「フレンズちゃんと見ないとー」って言ってた)

全体に、作り手と受け手の双方の強い愛と思い入れが結晶していて幸せすぎた。

*1:話はそれるけど、卒業後に、美谷玲美さんのイベントを見に行った時、薄紅デイトリッパーを歌っていたの本当に嬉しかった。卒業した後「れみ」名義で歌った曲を、美谷玲美の曲として歌うことが許されない、みたいな条件があったらどうしようって思ってたし、そうならなかったのでよかった。

山奥で羊を食べる

例のジンギスカンパーティの新潟バージョンがあったので今年も大崎ダム公園にある山荘に行ってきた。

往路、前日の日中に、京都から北陸経由で長岡まで電車で行くことにしてたけど、けっこう雨が降ってるということで、悪天候に弱くすぐに止まったり遅れたりするサンダーバードの予約を変更して前倒ししたところ、ちょうど当初乗るはずだった便から運休ということとなり、神回避だった。金沢駅で、途方にくれている人々が結構多かった。

その後は時間もあるし、上越妙高でしらゆき号に乗らず各駅停車でゆっくり行くことにした。もう雨もかなりやんでて、信越線沿いは日本海がすごく綺麗だった。ロングシートだから山側の席に座ってると海が見事なパノラマビューで、むしろ各駅停車で良かった気がする。

その後は新潟市内で前夜祭、会場は大好きなみやこやさんで、翌日、お昼に六日町IC近くのイオンに集合して買い出しの後、現地入りという流れ。

ちなみに、新潟の普通のスーパーの日本酒売り場には雑に鶴齢の純米とか売られていて贅沢。あと野菜がすごい安い。

https://www.instagram.com/p/BnOkWqSh1JY/
まずは、山荘を管理してるお蕎麦屋さん宮野屋の山菜盛り合わせ。お蕎麦のつゆは煮干し出汁で優しい味。ここは何もかもが素朴で美味しい。このお店、携帯は圏外。

で、これが会場の山荘。

www.city.minamiuonuma.niigata.jp
ここは電波状況が非常に悪くて、携帯がほぼ普通。かろうじて3Gは入るかな、ぐらい。必然的にデジタルデトックス状態になる。でも電源は潤沢にあるし、トイレも水洗なので、居住性はなかなか良い。空気も水も最高、気候も最適、残念ながら曇ってたので星は見られなかったけれど。すごく良いところです。

今年はメンバーのうち1人が3才女児を連れてきたので癒しがあった。子連れの外出はほんと大変なんだよね。基本ニコニコで聞き分けの良い子だったけど、それでも大変そうポイントはいろいろあった。シャボン玉とか花火して遊んだり、水遊びでズブ濡れになって困ったりしたな。

ジンギスカンパーティ、肉はだいたいここのを調達してる。臭みとかなくてすごく美味しいのでおすすめ。
www.umai.co.jp


これがジンギスカン。

しかし、われわれは古老の集まり(JUNET!)なので、年々ジンギスカンの脂がつらくなっており、量も食べられなくなっているので、最近の人気メニューはラムしゃぶに移行してきてる。これは非常に美味。

なみかたさんはラムしゃぶのタレとして旭ポンズを推しててそれはそれで良いけど、今回、お試しで導入された 秋田のご当地タレ「シバポン」というのが酸っぱくなくてよかった。私はポン酢の柑橘ぽさがあんまり好きじゃないけど、シバポンは柿酢なのでむせる感じがなく、まろやかかつコクがある甘口で最高だった。

https://www.instagram.com/p/BnPuT_dhCv9/
ラムチョップも焼いた。

https://www.instagram.com/p/BnLR2hCBCOH/
ごはんを炊いてカレーも作った。糖質制限辞めて適度にご飯を食べるようになったら、慢性的不調がなくなり、身体のキレというか活力が全然違うし、お酒飲んでもむくみがすぐ消えるし、結局は太りづらくなった。1日1合弱ぐらいは食べたほうが良いと思う。1食でトースト6枚切り1枚 or ご飯お茶碗半分 ぐらい。

翌朝はコーヒーなど飲みながらのんびりした後、残った食材をできる限りやっつけ、お昼に撤収。

神湯温泉の日帰り温泉で炭の匂いを落とした後、道の駅ゆのたにで醤油ジェラート食べた。あと、野菜がすごい安い(二度目)
www.kamiyuonsen.com

その後は、新潟市内に戻り、飛行機で帰宅。長旅だったけどリフレッシュできた!